看板 製作のはやと企画 TOP 看板製作 事例
看板製作 事例 Products

ショップ

吉祥寺の西海岸風ショップ

吉祥寺の西海岸風ショップ

看板の種類

・カルプサイン
・袖看板

ご要望

図面通りにカルプサインを製作・設置してほしい。
下地が古木で凹凸があるので見栄え良く設置できるか相談したい。
2017年6月

お世話になっている内装屋さんからの依頼で、吉祥寺に新規オープンするアパレルショップの看板を取り付けました。

最近流行っている西海岸をイメージしたお店で、ファサード全面に古木の板が張り込んでいて、お店の雰囲気を象徴していました。
ただ、屋外に取り付けた木材によくあることですが、板がところどころ反り返ってしまっていて、普通に取り付けようとすると、部分的に下地から浮いてしまい、カルプ文字がしっかり設置できなくなってしまいます。

目立たない鉄骨などを下地として設置すれば間違い無いのですが、どうしてもイメージに合わなくなってしまうので、壁にビスを15mm程度余らせて打ち、ビスの頭を切ってカルプに突き刺すように設置していきました。1文字に対して3〜4本のビスを骨として使い、しっかり固定しました。

カルプの厚みも、文字の大きさや壁の面積との比率などを考慮して30mmを採用しました。
通常カルプは厚くなると野暮ったくなってしまうのですが、
今回はしっかりと立体感が出て、イメージ通りに仕上がりました。

白と木を基調としたファサードと店舗内装が爽やかな西海岸を感じさせる仕上がりななりました。

スキンケアショップ内装サイン

スキンケアショップ内装サイン

看板の種類

・ネオンサイン
・LEDチャンネルサイン
・ステンレス LEDバックチャンネルサイン
・グラフィックシート
・パネルサイン

ご要望

創業時の店舗イメージをそのまま再現。
素材や質感などを大事にしたい。
2017年3月

大手の店舗デザイン会社様より
ご依頼いただいている店舗です。

全国展開している店舗で、内装・サインなどとにかく強いこだわりを持ったお店づくりをしています。
サインの数も多く、とにかくデザインを重視するため、中にはかなり高価なサインも採用しています。壁もクロスにデザインを印刷したものを貼ったり、鉄扉や什器にもグラフィックシートを貼り込んだり、他では見られない程、質感に凝った仕上げになっています。

ネオンサインやステンレスのバックチャンネル、フチなしのチャンネルサインにネオン風LEDサインなど同じロゴサインでもそれぞれ材質を使い分けていて、見ていても楽しいお店になっています。

グラフィックのデザインも目を見張るものがあり、あらゆる壁がデザイン処理されています。閉店時のシャッターにもシートを貼り付けるこだわりようです。

シンプルでスタイリッシュな店舗が多い中、これだけ思い切って賑やかな内装は、作る側も来店客側もきっとおもしらいはずです。

漢方で有名なお店のファサードリニューアル

漢方で有名なお店のファサードリニューアル

看板の種類

・LEDバックチャンネル
・カルプ文字
・下地BOX看板
・テント生地張替え
・ガラス面カッティングシート

ご要望

店舗入り口に看板らしいものがなく、わかりにくいので上品に目立つようにしたい。テントも古く汚れているので綺麗にしたい。
リニューアルオープンしたかのようにファサードを一新したい。
店舗の立地が青山の中心地なので、上品なイメージを大切にデザイン提案させていただきました。
イメージカラーのグリーンで統一感を出し、スタイリッシュなファサードになるように気をつけました。

テントは新しい生地に張替えれば綺麗で様変わりします。
他にメインとなる看板が欲しかったので、おしゃれなイメージのあるバックチャンネルを採用させていただきました。
ビルの壁面がガラス面になっているため、今まで看板をつけれなかったということですが、サッシ部分をうまく使い下地の鉄骨を設置して、バックチャンネルを仕込んだBOX看板をはめ込みガラスに干渉することなくメイン看板を設置することができました。

日中は外からは店の中の様子がよく見えないので、目印の看板が良く目立ち、夜になると明るくなった店内が外から良く見えて、店内の雰囲気を邪魔しないようにバックチャンネルが控えめに光ります。

また、ガラス面に営業品目などのカッティングシートを貼ることで、余分な看板を置かないで宣伝することができ、ファサードがスッキリして上品になりました。

銀座の高級腕時計ショップ 看板変更

銀座の高級腕時計ショップ  看板変更

看板の種類

・LED内照式FF看板
 (カッティングシート貼り9
・ステンレス切り文字

ご要望

既存の看板が古く色褪せてきたので交換してイメージをガラリと変えたい。
現在はイメージが黒で光らない看板なので、全面光って夜でも目立つようにしたい。
店舗の設計デザインを担当していた建築士の先生からHPよりお問い合わせいただいた案件です。

数社でのコンペになったのですが、最終的にレスポンスの速さと対応の良さ、そして何よりかなり厳しい製作条件をクリアできたとのことで選んでいただきました。

現状の看板は光らないので当然厚みも必要なく、壁にパネルが付いている仕様でした。新しく設置する看板は中にLEDを仕込むので看板本体に厚みが出てきます。ただ、ビルの敷地を超えないように60mmという極めて薄い仕様での製作依頼でした。看板自体60mmの厚さで製作することは可能なのですが、あまりに薄いとLEDの光源(LEDの球)が見えてしまうので、綺麗な仕上がりではなくなってしまいます。

そのため、この条件でも綺麗に光らせられるLEDメーカーを建築士さんと一緒に探し、何とか条件をクリアーしました。ただワイドが10m以上の看板でしかもFFシート看板なのでFFシートをしっかり展張するために土台をしっかりさせたいが、60mmという条件にかなり苦しまられましたが、設計と現場サイドで何度も図面を作り直して完成させました。

FFシートは直接印刷することができるのですが、かなり長くなるのでFFシートを展張した後にカットした時計の出力シートとラインのシートを貼り付けました。

デザインが全面白ベースなので、以前とは比べ物にならないほど明るい良く目立つ看板いなりました。

バイクショップ店舗プロデュース

バイクショップ店舗プロデュース

看板の種類

・インクジェット出力シート
・パネル切り文字
・ボーダーネオン
・各種シート
・塗装
・内装工事
・設計図面、デザイン

ご要望

新店舗を出店するにあたり、他の店舗とは違ったイメージの店舗展開をしたい。内装・外装含めて一括で対応していただきたい。
全国に展開している中古バイクショップの設計デザインから請け負わせていただいた案件です。
コンペ案件で、クライアントが神戸にあるスケルトン物件に出店予定で、今までの店舗とはイメージを変えてみたいという依頼でした。

いつもお世話になっている店舗デザイン専門の一級建築士さんと内装屋さんと弊社でチームを作り、現場検証から店内設計・デザイン作成、外観デザインまで全てを作成してご提案させていただきました。
ご担当者プレゼン、社長プレゼントと進み、その場で社長様からご発注いただけました。

決定後、直ちにスケジュールを調整しながら、デザインを詰めてFIXさせてサインの仕様や内装の素材などを決定して行きました。現場が神戸ということもあり、「ちょっと現場に行って確認」といった普段やっていることができないため現場検証はいつも以上に慎重におこないました。工期も短期集中で工事して予定通りプレオープンに間に合いました。

神戸店が予想以上に集客があり、その後、博多店、赤羽店とご発注いただきました。
  • 次へ
看板制作事例 Topへ