看板 製作のはやと企画 TOP 新着情報
新着情報 News & Topics

rss

2018/02/08
本格的な料理が楽しめる元町のレストラン
本格的な料理が楽しめる元町のレストラン
少し前にお仕事させていただいた
横浜元町にあるレストランです。

立地的には横浜中華街のすぐそばに位置しているが
周囲に飲食店などが無く、どうしても孤立してしまっていて
集客がまばらになってしまうということでご相談いただきました。

劇場の1Fに店舗を構えているということもあり
看板などの広告に関する規制がかなりありましたが
ガラス面にシートを貼ることは許可していただきました。

とにかく「ここにレストランがあります!」と主張するために
大通りから見えるガラス面にデザインシートを貼りました。
また、劇場のお客様に向けて劇場内にバナーサインを置かせていただきました。

今回は看板だけでは無く、メニューもデザインから担当させていただきました。
季節のイベントごとのメニューやポスターなども作成して広告もしました。

お店の努力が実り、
今ではかなり集客がアップして空席が多い時間帯でも
お客様がご来店するようになったとご報告いただきました。
2018/01/19
フィットネスクラブ 新規OPEN
フィットネスクラブ  新規OPEN
全国に展開されているフィットネスクラブの
サイン工事一式を担当させていただきました。
本館と少し離れた場所にアネックスがあり、
それぞれグラフィックイメージがメインのサインでした。

パネルサインは下地鉄骨を取り付けてその上に
グラフィックシートを貼ったパネルを取り付けています。
下地鉄骨も3F部分は壁に直接取り付け、2F部分は建物の構造上壁がなく、
取付け用の金具などを作り取り付けました。
見た目は単純なパネルサインですが、
実は構造上はかなり考え抜いた作りになっています。

屋上の大型看板は以前の剥がし残りがあるため
できる限り剥がしてシートを晴れる状態にしてからの作業になります。
ザイルと縄ばしごを使って6mのシートを4枚つなぎ合わせて貼っていきます。

人通りの多い場所なので、作業は夜間工事になり
この季節は寒さとの戦いですが、無事施工完了して
OPENしました。
2018/01/11
クリニックの大型壁面看板
クリニックの大型壁面看板
昨年末に完成した表参道にあるクリニック様の看板です。
ご依頼のお話をいただいてから、提案や申請、お客様のご都合などもあり
1年がかりのお仕事になりました。

当初、既存のアルファベットのバックチャンネルを撤去して
日本語表記に変更したいというご相談を受けました。
お打ち合わせ後にデザインと看板仕様をご提案させていただきました。
何度かお打ち合わせを重ねて、デザインが決定しました。

その後、看板の光り方や光の色を事前に確認したいという意見があり、サンプルを製作して実際に使用するLEDなどを確認していただきました。

お客様より「現状のバックチャンネルと同等の仕様にしたいが、夜しか目立たないので、日中により目立つようにしたい」というご要望がありましたので、単純にビル壁面にバックチャンネルを取り付けるのではなく、下地看板を取り付けた上に文字を置くことで、ビル壁面タイルに文字が干渉せず、よく目立つようにしました。

また、下地看板の内側にLEDを仕込み、輪郭の内側にバックチャンネル同様の照明効果を表現して、シンプルなデザインですが存在感を発揮して、以前の看板よりもよく目立つようになりました。

お客様も、提案時のイメージと全く同じ完成度に大変喜んでいただきました。
2017/12/15
年末年始の営業ご案内
平素よりご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

今年も残すところあとわずかとなりました。

誠に勝手ながら、株式会社はやと企画は
以下の日程で年末年始の営業をお休みさせて頂きます。
2018年も引き続き、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

年末年始休業日:2017年12月29日(金)〜2018年1月4日(木)

2017年12月28日(木)午後1:00までの営業
2018年1月5日(月)午前10:00より通常営業


皆様が素晴らしい新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。
2017/11/20
スポーツクラブのサイン全般
スポーツクラブのサイン全般
全国展開しているスポーツジムのサインを担当させていただきました。
本館とアネックスの2フロアあり、
ビジュアルイメージを重要にしているブランディングなので
出力シートのサインがかなり多く、8割近く貼り作業でした。

シートも通常の塩ビシートをはじめダイノックシート、
透明塩ビに白印刷(さらに濃度調整して半透明に)、
フォグラスにインクジェット出力にミラーシート(鏡面)など
様々なシートを使い分けて使用しました。
納品だけでしたがクロスにもグラフィックを出力しました。

その他にも、ガラス面全面をアンドンサインにしたり
アクリルの切り文字やピクトプレートサインなど
かなりの数のサインを設置させていただきました。
2017/10/30
プロジェクションマッピングのお店
プロジェクションマッピングのお店
今回はプロジェクションマッピングを売りにしているお店のお仕事です。
店内プジェクターの映像を窓と壁に映し出し、まるで動いているかのような演出を目指しました。

出来映えは大変良く、お客様にも喜んで頂きました。
ご注文ありがとうございました。
2017/07/28
珈琲焙煎&チョコレートのお店
珈琲焙煎&チョコレートのお店
建築家の先生に手伝って欲しいと言われて
ファサードのデザインなどを担当させていただきました。
珈琲焙煎とチョコレートをメインに取り扱っているお店です。

オシャレでスタイリッシュなお店デザインを意識して
デザイン案を作成いたしました。
看板自体もフラッグや突き出し看板、ライティングなどを含めて
板面のデザインも含めてご提案致しました。

施主様も初めての出店で、可能な限り自分のイメージを取り入れたいとのことで
内装含めてデザイン決定するまで紆余曲折がありました。
お店のコンセプトも町に寄り添うお店にしたいということで
シンプルな店構えにして地元の人が知っているお店にすることになりました、

当初の決定デザイン案からはかなりシンプルになりましたが
落ち着いたファサードになり、とても雰囲気が良いお店になりました。
2017/07/03
アンティーク風の木枠制作
アンティーク風の木枠制作
パン屋さんでサインと内装のデザインの変更をすることになり、
自由に書き込みできるブラックボードを提案しました。

内装のデザインや店舗イメージに合わせた、木枠をつけたオシャレなボードに決定しました。
本物のアンティークの額縁は、大きさも色・形もまちまちで、いくつか同じサイズで同じデザインのものが必要な場合は採用することができません。
そもそも、希望の額縁をひたすら探さなくてならないし、探したあげく見つからないということの方が多いです。

そういう場合は、作ってしまった方が早いし確実です。
モールディング材を選びメーカーから購入します。
主にカタログで選びますが、必要に応じてショールームに出向き、実物を確認します。サンプルもいただけるので、それを持ってお客様に了承を得に行くこともあります。

モールディング材を45°でカットして、ハケを使って丁寧に塗っていきます。
一度では木が吸収してしまうので、何度か重ね塗りをして、イメージの色になるまで続けます。
完全に乾いてからブラックボードに両面とシリコン使って取り付けます。
最終的には短いビスを裏から打って完全に固定して出来上がりです。

手間と時間はかかりますが、イメージ通りの出来上がりに
お客様にも満足していただきました。
2017/06/26
吉祥寺のショップサイン
吉祥寺のショップサイン
お世話になっている内装屋さんからの依頼で、
新店オープンするアパレルショップの看板のお仕事です。
最近流行っている西海岸をイメージしたお店でした。
ファサード全面に古木の板が張り込んでいて、
お店の雰囲気を象徴していましたが、
板がところどころ反り返ってしまっていて、
取り付け作業はかなり慎重さを要しました。

壁にビスを15mm程度余らせて打ち
ビスの頭を切って、カルプに突き刺すように設置していきます。
下地がフラットであれば両面テープとシリコンで設置できるのですが
今回は凹凸ができてしまっていて、さらに素材が木なので
1文字に対して3〜4本のビスを骨として使い、しっかり固定しました。
カルプの厚みも、文字の大きさや壁の面積との比率などを考慮して
30mmを使用しました。

通常カルプは厚くなると野暮ったくなってしまうのですが、
今回はしっかりと立体感が出て、イメージ通りに仕上がりました。
2017/06/15
オフィスビルの袖看板
オフィスビルの袖看板
お客様の自社ビルに看板が1つもなく
来訪する方が、中々見つけられず、迷ってしまうという相談を受けました。

お客様が看板を設置するのは初めてということもあり
色々な看板を紹介して、このビルに合ってなおかつ、
遠目からも見つけやすい看板をご提案させていただきました。

やはり、初めてということもあり
かなり悩まれましたが、予算と相談しながら費用対効果を考慮して
袖看板を取り付けることに決まりました。
ただ、あまりお堅い印象は避けたいということでしたので
ロゴマークを全面に出したデザインで、形状を角Rの正方形看板にしました。
多少カジュアルだけれども堅くない、そんな印象になりました。

看板本体は、お客様の都合上、コスト削減と短納期を実現するため、
メーカーの既製品を改造することになりました。
商品を入荷して、焼付塗装で黒く仕上げて、内部は蛍光灯2本だったのを
LEDモジュールに変更。
面板も既製品の成形板アクリルからフラットのアクリルに差し替え
さらにスタイリッシュになりました。

単純に袖看板1つですが
手間をかけると色々な表現ができたり、仕様をグレードアップすることが
できたりします。

設置場所もお客様に確認していただきながら決めたので
とても満足していただきました。

お客様のこだわりにできる限り対応しております。
ご相談等ございましたらお気軽にお電話ください。
  • 次へ
看板製作のはやと企画 新着情報 Topへ